スポンサーサイト

  • 2011.09.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


W.ケントリッジ展@hiroshima city MOCA

というわけで。
ケントリッジ展、行って参りまして。
端的に言うと、非常に面白かったし、すごく示唆に富む展示会であったかと。

特にぼくみたいな、視覚文化研究をしようと思っている人(そのなかでも特に映画/アニメ)にとっては、大変興味深いものだった。なによりひたすら爆笑してた。笑えるってのは大事だと思っております。

まずひとつ注意点。普通に鑑賞しようとすると結構時間がかかる(らしい)。
入館が16時前であったため、受付のお姉さんに「時間かかる展示ですよ」と言われ、「えーと、どれくらいかかるんですかね?」「そうですね。しっかりひとつひとつを見てもらおうと思うと2時間くらいかかります」「あ、じゃあ大丈夫です。入ります」となった。まあ1時間ありゃいいや。と。十分見れるわ。
ぼくは、とりあえず芸(術)みたいなものというのは、どこで切り取っても成立し得るものが良いものだと信じているので、それは例えば北野武がいうところの、「自分の映画のどこでもいいからどっか切り取って絵にしたら、それだけで完成するってのが理想」ということで、いいもの、というのは基本的にそういうものだと思う。それだけで寓話的な理解は可能でしょう。最初から映画を見ないと分からないから、というひとは、それは映画を理解しようとしているのではなくて、単に論理を理解しようとしているだけで、運動的なメディアである映画の見方とは本質的に異質な見方であると理解した方がいい。みたいなことを思っている。なので全然、最初からひとつひとつじっくりと鑑賞するつもりはなかったので、無問題だったんだが、じっくり見たいという人もいるだろうから、その点はあれ、時間に余裕を持っていきましょう。と。

さて。
簡単な感想はこんな感じです。
以下はいろいろ考えたこと。感じたこと。
続きを読む >>

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links