<< 私がなぜ、『Angel Beats!』の視聴を第1話で辞めるに至ったか。 | main | 謝辞。そして『ソルト』。 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『借りぐらしのアリエッティ』〜揺れる瞳という表現〜(仮)

 『借りぐらしのアリエッティ』見てきました。
一応もう一度見てきてちゃんと批評めいた事は書こうと思っていますが、しかしこの映画本当に素晴らしいもので、もう一回見る前に書いておきたいという衝動が押さえきれなくなり、こうしてキーボードを打っている訳です。

巷の評判が嫌でも耳に入ってくる現代ですが、この映画はかなり悪い評判ばかり聞いており、しかしポニョのときもそうだった。あの時もさんざんみんなけなしたりしてたくせに今となってはどうだよ、褒めちゃう。ぼくの耳に入ってくるものがすべてではありませんが、大体世間というのはそういう風に動いているようで、みんなが良かった、良かった、という作品は基本的に良いものではなく、かえって公開当初は評判の悪かったものが再評価されたりするものでしょう。一般論として。
なのでぼくは非常に期待してこの映画を見に行ったのでした。
そしてその期待を上回ってくれたのです。この映画。

さて。
とりあえず今回は(仮)ということなので、詳細な分析は行いません。基本的にしっかりと批評しようと思ったら、少なくとも2回は作品を見なければ出来ない でしょう。でなければ当然粗が出てきます。映画は時間メディアであり運動メディアであるため、途中メモする、という反ー運動的な行為をぼくは行いません し、なにより全体と集合、そして部分という関係性をしっかりともって見るためには、一度では把握できないのは当然であり、ぱぱっとみて終いならばよいので すが、抜け落ちてしまう部分が出てきてしまうことに確実になります。そのため今回は、気になった点をざっと書いておこうと思います。
間違っても、見るべきところがないような作品ではない、というぼく個人の主張です。



(以下ネタばれあり)

1、瞳への異常なほどのこだわり。揺れ、デフォルメ、視線の交錯、窃視 etc.

これは全編通してみられる演出で、例えばクライマックス前、アリエッティが猫(名前を失念)と「視線を交差」させるシーン(切り返し)がありますが、ここでアリエッティの瞳は最初全く揺れていません。しかし猫は揺れ続けており、次のアリエッティのショットでは瞳は揺れ始めます。これは観賞後、書店でアートブックの巻末に付属していた台本を見てみても、このような明確な支持はなく、演出意図の強く現れたものだと考えられます。
更に言うならアリエッティの瞳の揺れが存在するのは2度しかなかったと思います。(ここはもう一度言ったとき確認して修正するかもしれません。)
その他にも、アリエッティが興味をもつ虫や魚の目が異常なほどに大きくデフォルメされている事や(ゴキブリ、ダンゴムシの目は小さい)、アリエッティと翔の視線の交錯がメロドラマの駆動軸になっていること、主観ショットが多くしかもそれがほとんど絶対的な主観ショットという異質なものであることなど、まだまだ言及できる事はありそうです。

2、網戸、手紙、そしてスピラーというマクガフィン

こちらは演出というよりも脚本の巧みさなわけですが、序盤で明らかに「過剰な」シーンが存在しています。これは「網戸を閉めなければ虫が入ってしまいますから閉めましょう」という、はっきりと物語とは無関係なシーンであり、またそれまでアリエッティのエピソードが続いており、更に次のシーンから再びアリエッティのエピソードが始まります。つまりこのシーンだけが明らかに浮いている=過剰なわけです。この物語的無意味さと脈略のなさ/唐突さは何を意味しているのでしょうか。ぼくはこのシーンを見た瞬間、「ああ、網戸はマクガフィンなのか...」と勝手に思い、そして実際「網戸」は「網戸」としての機能を果たしていないわけです。網戸は人物を動かすために機能しており、決して「虫が入らないように」するものではないのです。
同様のことは手紙にも言えます。手紙は2度登場します。1度目は開きますが、その文字には物語を進行させる意味などありません。あるのはただ、手紙がアリエッティを動かす、という出来事だけです。アリエッティは別に「わすれもの」という文字を見て行動した訳ではないということは誰の目にも明らかであって、手紙はコミュニケーション媒体としての本来の役割から離れてただアリエッティを翔の部屋へ向かわせる装置としてのみ機能しています。更に2度目の手紙ですが、これは1度目よりももっと分かりやすく、この手紙の内容は画面を通しても台詞を通しても明かされません。アリエッティがこの手紙を読んでいるのかすら疑問です。ただこの手紙は、手紙としてではなく、完全にアリエッティを翔のもとへと向かわせる装置としてのみ機能しているのです。
では、スピラーはどうでしょうか。彼は一応登場「人物」なわけで、これをマクガフィンと言ってしまうのには無理があるかもしれません。しかし彼はアリエッティを外へ外へと連れ出す機能しか果たしていません。アリエッティと翔が全くできない視線の交錯もあっさりと通過してしまいます。彼はもうひとつ、目撃者としての機能を与えられていますが、その程度で、物語的の本質にコミットする人物ではありません。装置である、というわけです。さも重要そうに登場した彼は、しかしほとんど重要な存在ではない。これこそヒッチコックの言うマクガフィンそのものではないでしょうか。

3、時間の曖昧さ。

これは演出の問題だと考えられます。この作品のなかで完全に暗転するのは1カ所しかなく、それ以外はすべてカッティングで処理されています。にもかかわらずあっさりと時間は経過していくのです。物語の序盤から、どう考えても最初の俯瞰ショットの時間は朝〜昼であるわけです。それは陽の光の向きからも判断できるのですが、アリエッティが一度部屋に戻り、母親と話をしているシーンでアリエッティがキッチンに入ると、急に夕方のシーンとなっています。これだけでは不十分かもしれませんが、このような時間の経過の適当さ、というのは全編通して貫かれています。これはエピソードが因果関係を重視していないということにつながるような気がしているのですが、ここはもう少ししっかり考えてみないと何ともいえません。

4、水滴という円。

これも演出でしょう。記号論とかの人は食い付きそうなところですが、この作品の水滴、というのはミクロな世界であることもあり、ほとんどが円形となっています。アリエッティの家でお茶を注ぐとき、ポットからは円形がのぞいていますし、アリエッティの涙もしっかり円形です。(ちなみにアリエッティは涙を4度流します。これはちょっと「過剰」な気がします)アリエッティが雨に濡れても、服につくのは円形の水滴です。そしてこの円形、というのは作品中、何度か出てきます。例えば蟻が運んで行く砂糖のかけら、ダンゴムシ、そして言うまでもなく瞳。これらの連関ー連想はどの程度強度があるのか分かりませんが、まあ、あったということで。
ここについてはぼくはあまり興味がありません。ただ重要なのかもしれません。

5、アリエッティと翔の視線の交差しなさ。

これこそがこの映画の重要な点です。これは1においても触れた部分ですが、このテーマが作品を動かしています。物語が始まりと映画の始まりは基本的に同時ではありません。この作品の始まりは、そのため、ティッシュを抜こうとするアリエッティと翔の始めての視線の交錯のときであると考えられます。ここからひたすらふたりの視線の交錯が主眼におかれ、これが物語を突き動かしていくのです。だからこそ1のような状況が生まれているといっても過言ではないでしょう。
アリエッティと翔が視線を交わすことが可能となるタイミングというのは実は作品中3度存在しています。1度目は冒頭で翔が小人=アリエッティを始めて目にするとき。このときふたりはお互いを認識しています。しかし視線は交差させていません。次に、アリエッティが角砂糖を翔の部屋へ持ってくるとき。実際この後「網戸」というマクガフィンによって引き起こされる出来事の際、ふたりはお互いの顔を認めています。しかし明確に交差しているショットは存在しません。(あと1回あったのですが、明確に思い出せません。また見たとき確認してきます。)細かい事を言うのであれば、1度目の後も呼びかけに応じて合わす事は出来たでしょうし、角砂糖と手紙を翔が置きにきた際にもできたかもしれませんが、これはちょっと微妙なのではないかと個人的に考えます。
さて、問題は庭(?)で絶滅云々といった会話をしたときに、アリエッティと翔の視線は交差しているのか、ということです。ここでアリエッティの目は基本的にやや下を見ているように見えます。ということはここではまだ視線の交差は行われていないのではないか、と思えたりもしますが、まあ交差してると考えていいかもしれませ。本当に微妙なところです。
なぜ、微妙なのか、というと、映画は基本的に「見つめ合う視線」をとらえることができないからです。(蓮實重彦・黒沢清『現代アメリカ映画談義』)この困難さを黒沢清は前掲著で語っています。どうやっても撮れないのだと。そしてこれが映画にとって非常に重要な事なのではないかというようなことを書いています。
つまりこの『借りぐらしのアリエッティ』という映画は、映画にとって不可能なことを、どうしようもなく志向し、どうにか成立させようとしている、ある種の実験映画、といえるかもしれません。果たして翔とアリエッティは本当にどこかで視線を交わしていたでしょうか。この点にアニメーションの可能性を求めようとしたのではないでしょうか。とすると、この映画は見過ごすことが出来ないのではないか、という気がするのです。ふたりが見つめ合うことでしか成立しない映画が成立するためには、「ふたりが見つめ合っている」シーンを撮らなければならないのです。そしてぼくは、この点について、完全ではないけれども、少しは達成できているのではないか。そしてそれはアニメというメディアだから可能になった部分があるのではないか、と考えています。

そんな風に考えてみると、「目撃者」であるスピラーは、何を見たのでしょうか。あの最後のふたりの「見つめ合う」ロングショットは、すなわち、スピラーの主観ショットではなかったのか。そしてそこに映ったふたりは、見つめ合っていたのだろうか。この意味で、『借りぐらしのアリエッティ』は、多分に批評的な作品であると言えるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

  • 2011.09.21 Wednesday
  • -
  • 21:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
初めまして、ニクロと申します。

私も『アリエッティ』を観て、その2日後また観に行って「これは視線の映画だ」と確信し、最近生意気に『アリエッティ』論文なるものを書いて自分のサイトに載せたのですが、ネットで検索してみますと『アリエッティ』の視線、について触れているのはここと私のサイトだけのようでした。

そういう意味で同族意識(笑)というか、ひとりぼっちにされずに済んだ安堵感でひと言だけ書かせていただきました。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links